Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

もう4月になってしまいましたね。

ホントに早いものでShelももう大学2年生です。

というか今年成人式を迎えるとか想像すらできません;;

先日卒業されていった4年の先輩たちを送り

新入生という新しい出会いが待っています。

まぁ、新入生が軽音楽部に入ってきたらとりあえずは

『俺みたいな先輩には絶対なったらあかんで』

とだけは言っておこうと思います;;

多分それぐらいひどい先輩ップリを発揮する自信がある

自分が少し情けない今日この頃です;;


今日は久々にDK.netのトラックバックテーマのネタ

前回は似たような話を以前この日記にしたのでパス

前々回はテストに追われそれどころじゃなかったのでパス

決して忘れてたわけでは・・・と誰に行っているのやら・3・


というわけで、今回は新管理人

うちの日記でもお世話になってるブログ友達?

玉子rさんのトラックバックテーマ

『自分の日記の存在意義』

について書いていきます。


ちなみにShelは前からこのページを『ブログ』ではなく『日記』

と称してやってきました。

ブログって毎日更新しないといけないイメージがありません?

ですから、日記って書いておけば多少不定期でも

許してもらえないかな?っていう安直な考えで日記と呼んでいます。


すいません、どうでもいい話でしたね;;


さて、いきなり話が脱線してしまいましたが

そろそろ本題に行かせていただきます;;

『自分の日記の存在意義』・・・ですかぁ。

これって、

『日記自体が存在する意義』なのか

『自分自身が日記を存在・存続させる意義』なのかどっちなんでしょうね?

この時点で、すでにShelにとってはかなりの難問ですorz

そして『存在意義』と一口に言っても、その意味合いは多種多様です。


・筆者の楽しい気持ちを伝える(読者を楽しい気持ちにさせる)

・最先端の情報を伝える

・交友を広げるための一つのツール

・日記を書くことで生活を楽しくする


etc・・・

この様に筆者さんは自分の日記(ブログ)に

存在する『意義や価値』というのを

知らないうちにでも付けている思います。


では、Shelの日記

『桜吹雪と散る粉雪』の存在意義とは一体どのようなものなのか・・・

しかしいきなり『自分の日記の存在意義』と聞いてパッと答えられる人は少ないでしょう。

Shelだって、そんなこといきなり言われたら困惑してしまいます。


さて、今回の様なテーマの際に

Shelが必ずと言って良いほどとりあえず最初に考えることは

自分の原点に戻ること

『原点』と言っても難しく考える必要はありません。

簡単に言っちゃえば


自分がこの日記で何をしたい(したかった)のか?


その答えが『存在意義』の道しるべになるとShelは考えてます。

では、この疑問について答えを出して行ってみます。


Shelがこの日記でしたいこと・・・


人があまりやらないことをする

枠に捕らわれない自由な発想を持った考察


他にもいろいろやりたいことはありますが

やはり、この二つが群を抜いてトップです。

そして、その二つを持って少しでも

読者さんを楽しませることが出来れば良いな、と思ってます。

やりたいことがやりたいことなので、

きちんとした記事になること自体が非常に少ないですが

それでも、

・オハゼ二刀流狩り

・ロア型DK 召喚士

と言った様な、自己満足に浸された

くだらない考察記事も出来あがりました。

友達、露店の書き込み、日記のコメント等でも

『面白かった』『良かったよ』みたいな評価をしてくれる人たちも

ありがたいことに見かけることが出来ました。


ただ、正直な話・・・


こんなくだらない考察なんかしなくたって全然良いんです。


DKの世界に上の二つのような考察記事が無くたって


別に誰が困るわけでもない


だって、考えても見て下さい。

オハゼを槍と鉾2つ使いこなして狩ってる人見たことあります?

バーサーク30となった今では、考案者でさえ普通に鉾だけで狩ってます。


召喚士なんて自分でもネタ職と言ってはいますが

この日記を読んで「育ててみたい」とは微塵にも感じなかったでしょ?


上記の2つの考察記事もShelの中では自信作とはいえ

DKの世界からすれば、『役立たずの記事』『考察する意味すらない』

これぐらいでも過言ではない・・・ホントにその程度の考察記事なんですよ。

そしてそれはつまり、この日記は上記の批判が出てもおかしくない日記である

ということを自然と意味してきます。


でも、くだらない考察記事でも何か考えることがあったり

今まで考えたことすらない様な新しい発見があったりすることがあります。

そして、くだらなすぎるからこそ、ちょっと面白くなったりということだってあるかもしれない。

何が言いたいかというと

こんなくだらなくてどうしようもない記事を書くような日記でも


無くても困らないがあった方が良い


これが、今Shelが思うこの日記の存在する価値かな・・・と思います。

読者さんの中の『これは絶対にあった方が良い』という価値・・・

身近な例を挙げるとお弁当のおかずやご飯ですね。

それらはDK.netを初め、その管理人方のブログ・考察サイト

そしてその他の素晴らしいDK様のブログ・考察サイトに任せることにします。


Shelの日記は

読者さんの中にそれらのサイトとは一線を画した価値

『無くても困らないがあった方が良い』

という、まぁお弁当のバランとかアルミホイルの入れ物みたいな存在であり続けること。

そして、そのために自分のやりたいことである


『人があまりやらないことをすること』や

『枠に捕らわれない自由な発想を持った考察』

をもって、読者さんを少しでも楽しく笑顔にすることが

出来るような日記にして行くこと

これがこの日記の存在意義なのかな?

っとこの記事を書きながら思いました。


そういうことですから

他サイトの皆さん


まともな記事については任せたb


っと、他力本願なオチで締めくくってみました・3・


最後は少し宣伝です

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

利用者が増えればスキル振りや狩場といった
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


続きは前回のイベントの回答

... Read more
スポンサーサイト

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

前回の召喚士の記事はなかなか反響があったようで

UPした日のアクセス数は200overと今まで見たことがない程の数でした;;

さすがにこの手の記事をメイプルブログネットやDK.netにトラックバックすると

タイトルで興味を引かせることが出来たと言った所でしょうか?

それだけでも書いた側としては嬉しい限りです♪

また、露店にも

Maple0044 (5)


このようなちょっと誤爆した所が

天然っぽくかわいいコメントもいただきました。

実はこういうの(天然なとこじゃなくて露店の書き込み)

が地味に嬉しかったりします♪


ちなみにShelがトラックバックを送る場合は


・トラックバックのテーマに沿った内容

・この記事は是非読んで欲しいと思う内容


この2つの場合に限りトラックバックを送っています。

自分のくだらない記事で素晴らしい記事のログを流すのは

非常にもったいないからですね。

まぁ、どちらの場合にしても基本『くだらない』がある種の

Shelの持ち味ですけど・3・


最近はとあるDKさんの影響を受けてサメに足を運んでいます。

槍が121になってシャクラーの場合1発で沈む場面もちらほら

しかし、残念なことにShelの残念なステ振りのおかげで

バスター→ラッシュの連携でも沈まない場面もちらほらorz


ここで問われるのがプレーヤーの腕です。

ここで唐突ですが、タイトルの質問


あなたにとってプレーヤースキルとはなんですか?

今回の記事は3次以上の職の方が対象となります。

一言で『プレーヤースキル』と言っても

その中には様々なものがあります。


・単純な狩りのテクニック

・スキルを切らさない、すぐにかけ直す

・状況に応じた判断力

・装備を整える能力

・立ち回り等考える能力


Etc・・・

きっと深くまで追求すればキリがないでしょうね


じゃあ例にあげたものでそれぞれ、考えてみましょう。


①狩りのテクニック


これはそのままですから言うまでもないですね?


いかに速く、いかに多くの敵を狩れるか?

そして時にはいかに被ダメを少なくして狩るか?


といった様な、狩りにおける基本的な技術です。

プレーヤースキルの全てはここから始まると言っても過言ではないでしょう。

しかし、これではテーマが抽象です。

そのために、今回皆さんがおそらく確実に通ってると考えて

『狩りの技術』を

弥美さんの『舞』と定義します。

ですので質問は

日常の狩りで舞をどこまで実践できているか? とします。

槍でも基本は一緒ですから、反論は無しでお願いします;;

今一度弥美さんのHPを見直して自分がいかほどか、考えてみてください。

「俺は常に魅せる狩りが出来てるぜ」って方は5段階中5の評価でOKです。

Shelは狩りに関しては下手な部類だと思いますが

経験はある程度積んでおり、大体のことは普段から出来てるとは思ってます。


ですから、5段階で4ぐらいはかろうじてあげれるかな?って思ってます。


②スキルを切らさない・すぐにかけ直す

これは主にPT狩り、ボス戦でのHB、場合によってはMHですね。

それらをいかに切らさないでいられるか?

そして、スキルカットが来れば速攻で掛け直す技術を問います。

ボス戦でHBの掛け忘れは直接メンバーの墓落ちに直結します。

またソロ狩りでも、スキルを切らせてしまうと効率に少なからず影響を与えてしまいます。

ですので、やはりこれもDKにおいて必須の技術です。


しかしShelはこの技術がまだまだ未熟な面があります;;

PT狩りやボス戦では出来るだけスキルを切らさないように

頻繁に掛け直して辛うじて対処はしていますが

ソロ狩りでは、狩りに集中しすぎて時々HBが切れしまうこともしばしば;;

DKとして必須の技術であるだけにこれは非常に痛いです;;

ですので、5段階中おそらく2ぐらいでしょうorz


③状況に応じた判断力

人間の行動は常に判断によってなりたっています。

これは狩りにも言えること。

そして前振りで話したサメの話と直結してきます。

サメの話の続きで

バスターを放ち、敵がKBしている間に次どうするかを判断します。

少しでもためらったら、スローやスキルカットを喰らってしまいますから


勝負は一瞬です。


ラッシュを打つかバスターを打つかの2択ですが

この2択ですらかなり難しいです。

また、選択を誤ってラッシュを打てば同様に敵の攻撃を受けます。

かと言って、バスター2発の選択では効率は一向に上がりません。

ですので、『常に最善の判断をする』というのは

確殺数が不安定な狩りにおいて非常に重要になります。

また、それだけでなく

急に敵が湧いたとき

リプレ奥地での狩り

などなど

一瞬の判断力というのは狩りをする上では多くの場面で必要になってきます。

さて、皆さんはこういった状況で素早く判断し対処出来ていますか?


ちなみにShelは全くですb

サメ狩りのときはラッシュの判断ミスで

無駄なダメージは当たり前。

急に敵が湧いたときに対処できないなんてホントにざらです・3・

まぁ、ホントに甘く見てこれも3ぐらいでしょうね;;


④強化品を整える能力

これはプレーヤースキルとは関係ないのでは?

と思う人もいるかもしれないですが

Shelはこれも非常に重要な技術だと思っています。


たとえ、どれだけ素晴らしい狩りの技術を持っていても

装備がお粗末では、効率は上がりません。

またLV90以上のプレーヤーにとって命中139

超えなければならない一つの壁になってます。

しかし、戦士にとって命中139というのは

DEXを抑えようとするとある程度の装備が揃ってないと到達するのは難しいです。

ですのでメイプルで強くなる上で装備を集めるというのも

当然必要な技術になってくるでしょう。

ここでは攻撃強化の手袋を付けた状態、また丸薬有りで

命中139を超えてれば最低でも5段階で3とします。

では、あなたの装備を見直してみてください。


攻撃手袋、STRマント所持でもリザードマン必中

Shelは移動速度140 ジャンプ120と常時ほぼヘイスト状態

そして、手袋の攻撃も武器の攻撃力もある程度のモノが出来たので

これに関しては5の評価でも問題ないと思います。


⑤立ち回り等考える能力

狩りの技術もある程度備わった

常時ヘイスト状態でかつ必中状態


そのような状態のときに最後

立ち回りやスキルを120%使いこなす

といったことで微妙に・・・ですが効率に差が生じてきます。


すご腕のDKの方たちは限られた時間の中で

1匹でも多く狩ろうと

実際に狩りの中で実践してみたり

ブログや育成サイトを覗き

日々、立ち回りやスキルの使い道等を研究しています。

そして、それが最終的に大きな差となります。


さて、皆さんはどうでしょうか?

色々と創意工夫、試行錯誤していますか?

自分で考えるのが面倒なら、様々な方のブログを読むだけでも

色々と勉強になることはありますよb


Shelはスキルの使い道は色々と考えていますが

立ち回りについては、正直微妙ですね;;

様々な方のブログを読んで、動画を見たりして

簡単なルート選択はしてますが、気分によって

当初のルートと違うルートで狩ってしまったり・・・ってのがしょっちゅうです;;


甘く見て、5段階中で4と言った所でしょうか?


さて、①~⑤まで自分なりに評価をしてみました。

①舞

評価4

②スキル継続

評価2

③判断力

評価3

④強化品

評価5

⑤思考・研究

評価4


ではそれらを今度はグラフ化して簡単に視覚化できるようにします。

それがこちら

hyoka.jpg

かなり甘めに見てますが

それでも、グラフで見るとやはり②が低いです。

そして、③の判断力も他と比べてやや劣っています。

つまり、今のShelが優先して鍛えないといけないのは

②のスキルをきちんと継続させる能力ということです。

そして、その過程で③の判断力も鍛えられれば尚goodです。


さて、この様に一度自分を評価してみて数値化

そして、それをグラフ化して簡単にすることで

自分は何に長けていて、何が欠けているのかが一発で分かります。

ですので皆さんも一度、自分を評価してみてはどうでしょうか?

自分で評価項目を考えるもよし

面倒ならここの評価をそのまま使うもよしです。


ただし、ここの評価を使う場合に注意して欲しいのが

今回は②以外は基本『ソロ狩りの効率を上げる

という点に関して評価をしています。

プレーヤースキルというのは当然、PT狩り独自のものだってあります。

そして、どれだけ腕があってもPCのスペックに大きく依存します。

要するに

ここでの評価項目が全てではない

ということを

そして


大事なのは自分を客観的に評価すること

というのをしっかりと理解しておいてください。

まぁ、Shelの場合『客観的』ってなると

ちょっとおかしい評価なのは御愛嬌で;;


ブログをやってる人は

こういうのを自分のブログでやってみると

ネタが一回分浮いて、しかも記事を作っている過程で

自分を見直すことが出来るので一石二鳥だと思うのですがいかがでしょう?

ちなみにShelはエクセルのグラフを利用して

今回のレーダーチャートを作成し

それを画像編集ソフトに貼りつけました。(PictBearではエラーが出るのでペイントが推奨です。

エクセルを持ってないけどこの話題で記事を書きたいって人は

オープンオフィス』というフリーソフトでも同じことが出来るので

そちらを利用して下さい。


では、最後に一言

今回は『プレーヤースキル』という題で話を進めました。

メイプルのバトルシステムにおいて

プレーヤースキルはかなり重要になってきます。

しかし、大事なことを忘れないでください。


どれだけ、神懸かったプレーヤースキルを持っていても

人としてのモラルが欠如している人間は、決して一流には成り得ません。


読者の皆さんなら大丈夫でしょうが

プレーヤースキル以上に大事なものがあることを忘れないで下さいね。


最後は少し宣伝です

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

利用者が増えればスキル振りや狩場といった
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


続きは格言カルタです。

... Read more

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

注)もし前編を読んでいない方はそちらからお読みください。

前編へ

今回はDKの新しいネタ職業である召喚士の後編で行きます。

まずは前回のおさらいから

召喚士とはドラゴンロアをメインのスキルとした

ロア型DKである



以上。

今思うと前回重要なことこれしか書いてなかったんですね;;

よくこのぺらっぺらな内容で前編を書いたもんです・・・orz


では前置きはこれくらいで早速召喚士の細かいお話をしましょう。

まずは召喚士の基本的な狩り方です。

と言っても基本は・・・

Maple0041_20090311043306.jpg


召喚!!


Maple0038 (3)


HP50%を切ったら黒豆で回復

ちなみに黒豆での回復時間をShelは『詠唱時間』と勝手に命名しました・3・

詠唱中は、安置で待つも良し

更なる効率UPを図ってこの間は普通に狩るのも良しです。


ただ、もしも狩る際の注意するのは

墓だけ落とさないように


そして詠唱が完了したらもう一度

Maple0041_20090311043306.jpg


召喚!!

基本はこれのくり返しです。

もし出来るなら、詠唱中にターゲットを集めることが出来れば更に良しです。


では次にスキル振りについて大まかにお話します。

ドラゴンロアは薬を大量に消費すれば連発することが出来ます。

しかしそれでは赤字が膨らむばかりで芸がない。

ですので召喚士のスキル振りのコンセプトとしてはこの赤字スキルのロアを


赤字を減らしかつ出来る限り連発出来る

というスキル振りを目指して行こうと思います。


ではこれをふまえて1次スキルから行きましょう。


最初に、召喚士というからにはFFを初め多くのRPGで魔法使い系の職業として扱われます。

つまり、当然戦士並みにHPがあってはダメですよね?

よって・・・




バイタライズにSPを振ることを禁止します

上では無茶苦茶なことを言っていますが

実はこれがロア型DK召喚士ミソとなってます。

ロアの消費HPは青字でも書いた様に30%です。

あくまで最大HPの割合です。

この最大HPの割合で消費HPを決定するので

ロアの赤字要因である消費HPは

最大HPが低ければ低い程少なくなる

ということが言えますね。

そのために戦士では一番最初に降るべき必須スキルの

バイタライズを削ります。

これがShelが最初に「後悔する」と言った最大の要因です。

また、バイタライズを削る大きな理由が実はもう一つあるのですが

それはもう少し後でお話します。

もう、この時点でネタ職の匂いがぷんぷんしてきたでしょう♪


さて、ではここで

バイタライズにスキルを振るのと振らないのでは

どれぐらいの差が出るのか?

これを簡単に検証してみようと思います。


まず、皆さん知ってる方もいらっしゃると思いますが

現在正しいとされているスキル振りをきちんと行えば

ある程度のHPの算出は容易に行うことが出来ます。

良く言われているのでは

LV値×100≒HBを掛けた時の最大HPという式があります。

知らなかった方はこれを機に予備知識程度で覚えておけば良いでしょうb


そして、この式の値を応用して

(LV値×100)÷1.6≒HBなしの最大HP

が出せます。

バイタライズ無しの場合はこのHPの値に

(LV-15)×40+60

という式で出した数字を引いてやれば厳密ではないですが

バイタライズ無しのHPを算出することが出来ます。


では、実際どれくらい差があるのかを計算します。

LV140の戦士を対象にします。

正しいスキル振りを行った場合

HB有り→140×100=14000 最大HP≒14000

HB無し→14000÷1.6=8750 最大HP≒8750


ではこの値に

(140-15)×40+60=5060

この式の値を引いてやると・・・

8750-5060=3690

バイタ無しでの最大HPは3690となりました。

ちなみにこのときHBを使ったとしても、HPは5904にしかなりません。

わかっちゃいたことですが

実際に計算してみるとえらい差が出てますね・・・

ちなみにこの場合でロアをすると消費HPは


バイタ有り→2625

バイタ無し→1107


この様にLV130の状態では1500以上の差が出ています。

この時点でバイタライズを削るだけで単発1500メルの赤字を削減です。注(塩ラーメンなら900メル)


そして、ここでバイタライズを削るもう一つの大きな理由についてお話します。

その理由とは


詠唱時間の短縮です。

もう一度ロアの消費HPを比較して下さい。

LV140戦士

バイタ有り→2625消費

バイタ無し→1107消費

これを薬を使わずに黒豆ヒール(スキルLVMAXと仮定)のみで回復したとします。

すると、バイタ有りの場合ほとんど回復するのに20秒かかるのに対して

バイタ無しの場合は8秒で回復できます。

つまりロア一回分の回復速度が2.5倍違います。


そして、もう一つデータを出します。

バイタ有りの場合(HP8750)

黒豆ヒールMAX時の回復量500は最大HPに対して5.7%です。

しかし、これがバイタ無しになると(HP3690)

黒豆ヒールの回復量はなんと13.5%まで跳ね上がります。


つまり、バイタライズを削ることで

召喚にかかる詠唱速度は2.5倍近く速くなります。

また、たとえこの際薬を使ってさらに時間を短縮させたとしても

普通のDKよりも少ない消費メルで回復することができます。

これが、バイタライズを削るもう一つの大きな理由です。


ということで、バイタライズ分のSPはアイアンボディにでも振っておけば良いでしょう・3・


では次に2次スキルです。


・・・と言っても2次スキルは従来のスキル振りで何ら問題はありません。

というこで3次スキルへ・3・


ここでついに長い修行を超えて、龍を召喚できるようになります♪

ですので、

「まずはロアに全振りだ!!」


と、行きたいのですがちょっとストップ


今更ですがロアには習得条件として

『サクリファイスにSP3』

というものがありますよね?

つまり、最初はサクリファイスにSPを振らないといけません。


しかし!!

召喚士はバイタライズを削ってただでさえHPが低いんです。

その状態でサクリファイスを・・・

しかもスキルLVの低い状態で使ったしまったときにゃあ


三途の川へ一直線ですorz

いきなりロアに行こうとしたら間違いなくこの問題にぶち当たります;;


ですので、実は3次スキルも基本的に従来通りのスキル振り

初めは自分のメインの武器に合わせる(鉾スラッシャーか槍バスター)のがベターです。

この後ロアに振るなりEレジに振るなりすれば良いでしょう。

ちなみにShelなら武器庫を考えてEレジ先振りですね。


また、ここで槍スラッシャーやサクリファイス、EレジのSPの分配はどうすれば良いのか?

という問題が出てきます。

ここら辺は各々が好きなようにアレンジしてくれれば良いのですが

Shelならどうするか参考程度で説明しておきましょう。


まず、HPの低さに注目してEレジにはSP20を全て振ります。

これで武器庫辺りの狩りは多少楽になるでしょう。

次に同じ観点でサクリファイスは削りますね。

ですので、召喚士にはロア用のSP3で十分だと思ってます。


最後余った分は両刀なら槍スラッシャーにでも振っておけば良いでしょう。

純鉾なら鉾バスターやパワークラッシュに

あくまでサクリを使いたいならサクリファイスでも良しです。


3次スキルはこんな感じですね。

では最後4次スキルです。

最初のSP3はラッシュ1 黒豆2でOKです。

そこから、多くの方が言ってはる『黒豆先上げ』

次に召喚士最重要スキルの一つ黒豆ヒールに振ります。

このスキルによって召喚士の真価が発揮されるようになります。


まず、ここまで育成する人自体がいないでしょうが

その後のスキル振りは3次同様各々好きなように振ればOKです。

ここでも同様にShelならどうするか説明しておきますね。


この後、ShelならまずはアキレスにSPを振ります。

これもやはりHPが低いのが最大の要因です。

次にMHで火力を上昇させ

後は適当にスキルを振って行きますね・3・

折角なのでマグネットなんかに振ってみても面白いかもしれないですね♪


さて、肝心のバーサークですが

召喚士の特徴を最大に活かすならバーサークは降らない方が良いかもしれません。

バーサークにSPを振ってしまうと

バーサーク時の上限HPの近くで黒豆ヒールが発動しなくなります。

そのため、時間を無駄にしたり、無駄な薬を使用しなくてはいけません。


バーサークはDKの最重要スキルの一つではありますが

ネタ職だからここは御愛嬌で;;


Shel流のスキル振りの大まかな説明はこんな感じです。

要点を挙げておけば

バイタライズには絶対に振らない

ロアよりも先にDKとしての基本的なスキル

4次スキルは黒豆→黒豆ヒールの流れ

HPの低さを考慮してEレジ・アキレス等防御スキルを優先


この様な感じですね。


では、召喚士のメリットとデメリットを考えてみます。

まずはメリット

メリット①

ロア単発による消費メルが少ない

メリット②

詠唱時間が短く薬なしでもロアを多く撃てる

メリット③

武器の攻撃速度に依存しない

メリット④

エフェクトが派手


メリット④はスルーですねorz

ここで説明しておくことはメリット③について

ロアは発動後2秒間スタンする副作用があります。

ですので攻撃速度が速かろうと遅かろうと、あまり関係ないです。

というわけで、召喚狩りの際は攻撃力の高い装備を選べば良いと思います。

しかし、ロアにはどうやら振りと突きのダメージが両方あるらしいので

もしかしたら、槍より鉾の方が良いのかもしれませんね。


では次はデメリット


デメリット①

墓落ちの危険性が高くなる

デメリット②

被ダメの高い敵は狩れない

デメリット③

バーサークに頼ることが出来ないので火力不足になる

デメリット④

PT狩りでロアが使えない可能性がある


・・・Etc;;

えっと・・・

デメリットは挙げるとキリがないですorz

要するに戦士で・・・特にDKでHPが低いというのはそれだけでも

致命的な欠点になってしまう、ということです。

また、ロアは画面振動があったり画面全体に効果が及んだりということがあり

PCのスペックが低い人とのPT狩りは少し厳しいかもしれないです。

また、似たような理由でPTでのボス戦では使用が禁止されることが多いので

そういう場合は単純にHPが異常に低いDKという扱いを受けざるを得なくなります;;


最後に、もしもShelがこの召喚士を実際に育てて狩りをするなら

PT狩りを・・・特にロアを覚えて以降は聖魔さんとのジェネロア狩りを中心に

育成することが出来たら理想的ですね♪

それだと、結局HPを少なくした意味があまりなくなってしまいますが

聖魔さんのいない他PTでも・・・例えば弓の方のレイン・イラプションとのコラボ

斬り族の方のメルブロとのコラボなど考えるとロアだけでもPTで色々出来て楽しそうです♪

その際は、カティシアさんの第三のロアを再度隅まで目を通して補助の立場として

普通のDKには無い立ち回りをしてみたいものです♪


さて前編、後編と2回に分けてかなりのボリュームでお届けしましたが

以上でShelの駄文新ネタ職業『召喚士』の紹介は終了とさせてもらいます。


これを考えた切っ掛けは去年の夏休み

そう、クリスタルを集めてMBを手に入れようとしてたあの時に

ミニダンジョンで


「もっとHP低ければ黒豆ヒールだけでも

もう少しロアが数撃てるのに・・・」


って思ったことから始まりました。

それが膨らんでまた、えらいとんでもない記事が出来たと思います;;

これを読んでどう感じたかは結局は皆さん次第になってしまいますが

最初に話したように少しでもクスッとかなってくれれば

今回の記事は、まあ成功だと思ってます。


ただ、この記事はあくまでも脳内考察の段階

おそらく、実際に育てて狩りをしてみると更に考えることが出てくるでしょうね。

まぁ、こればかり自分がやる以外どうしようもないですorz

Shelも考案者である以上

いつか気が向けば召喚士を育ててみたいとは思ってますが

しかしそいつが真価を発揮するのはいつになることやら;;


最後に

前回と2回に渡って書き上げてこの記事ですが


良い子は絶対にマネをしないでください



PS.おそらくこの記事を読んで召喚士を育ててみたいと思う方はおられないと思いますが

万に一つでも「実際に育ててみます」、とか「更に色々考えたよ」とかって人は

こちらまで一報を頂けば精一杯、宣伝等サポートさせていただきます。


では、最後までこの記事に付き合ってくれた読者の皆さん

本当にありがとうございましたm(_ _)m


最後は少し宣伝です♪

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

利用者が増えればスキル振りや狩場といった
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


続きはちょっとした感想です

格言カルタはお休み・3・

... Read more

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

最近は昼は暖かくなってきたけど、夜は冷えますね;;

調子乗って薄着でいると夜が地獄と化しますね;;

服選びに毎日困る今日この頃ですorz


ではメイプル。

さて、まず今回は前もって言っておきます。

今回の記事は久しぶりに・・・

長く、しかも駄文も甚だしいです・3・

結構長くなりそうなんで久しぶりに2回に分けて更新します;;


それでも良いという方はお付き合い下さいorz

そしてもう一つ

今回、そして次回皆さんが読むことを








良い子は絶対にマネをしないで下さい

マネしたらきっと後悔とShelに対する憎悪しか生まれてきませんから;;

これを読んでクスッとでも笑っていただければ今回の記事は大成功です。

では本題。


メイプルの世界には頑張ってるその姿を見てるだけで

応援したくなるほど愛おしく感じてしまう

ネタ職

というものが存在しています。

例えば有名なのでしたらPG戦士

APをHPに、2次以降のスキル振りでPGを優先させる戦士です。

今でこそ、姉御やPT狩りで募集が良くかかるようになり

Shelの中では『愛らしいネタ職』というイメージは薄れていますが

低レベルの装備で親分やタナトス、ゲートキーパーといった敵に

果敢に突進して行く姿を初めて見た時には驚愕ものでした。


この他にも、Shelの知ってる範囲では

メルブロ賊、毒魔、殴り魔などがネタ職として挙げられているようです。

(間違ってたら申し訳ないですorz)


さて、ここでふと思ってたんですけど

DKのネタ職ってありませんよね?

あるんでしたらすいません、Shelの知識不足ですね;;


そこで、Shelも一つDKでネタ職を考えてみました。

その名も




召喚士

戦士なのに召喚士?ってツッコミは却下です。

この名前だけでどんなスキルがメインになるのか分かれば大したモノです。


DKって3次で『龍騎士』って名乗ってるくせに

ドラゴンの召喚は聖魔の人たちの特権になっちゃってますよね;;

でも、3次のスキルにちゃんと龍を召喚しているスキルがあるんですよ。


それがこのスキル





Maple0041_20090311043306.jpg


そう、ドラゴンロアです。


今更のロアの効果ですが

LV30でダメージ240% 消費MP30 消費HP30% 効果範囲400% 2秒スタン

HP50%以上の場合のみ使用可能


といった、素晴らしい効果ですがその分リスクも高いスキルですよね。

青字の様に消費HPが30%なので普通にDKを育成すればヒールが無い限り連発すれば赤字も甚だしいスキルです。

しかし、現在では4次スキルのダークスピリットヒールのおかげで

このスキルにある程度振っているDKには

配分さえ気を付ければロアはソロでも赤字を大きく減少出来るスキルへと変貌しました。

テクニック次第ではバーサーク中に発動できたり、PT狩りで活躍出来る等

非常に未知なる可能性を秘めてるスキルというのも事実です。

バーサーク用スキルとか、雑魚乱獲用とか世間では言われてますけど

色々考えると結構、面白いスキルなんですよね、これが。


ちなみにスキルの説明には

『巨大な龍が咆哮する。使用後に気絶する。』

となっています。

直接『召喚』とは書いていないですが

咆哮するのは自分じゃなくてあくまで『巨大な龍』

屁理屈になってしまうかも・・・ですが召喚と捉えても良いのでは?

とShelは思います。

そして、召喚士はこの咆哮するドラゴンをソロでも召喚しまくること

を目的とした職業です。

要するに召喚士とは

ロア型DKということです。


ロア型・・・それだけでもワクワクしてきませんか?

すいません、きっとそう感じるのはShelだけですね;;



ん?「長い前置きは良いから早く細かい説明をしろ?」

そうですかそうですか。


でも、時間と尺の都合上で今日はここまでなんですよorz

ですから、細かい内容は次回に持ち越させてもらいます;;

まぁ、期待せずに待っておいてください・3・


後編へ続く


最後は少し宣伝です♪

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

利用者が増えればスキル振りや狩場といった
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?



続きは特に反響もないメイプル格言カルタ


... Read more

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

2008年ももう終わりに近づいてますね。

皆さんは今年一年・また今年の年末はいかがでしたか?

Shelはこの年になって『師走』という時期の大変さを実感している今日この頃です;;

しかし、友達との約束があるのでトラックバックのテーマだけはしっかりとやっておこうと思い

何とか時間を作って記事を書きあげました。

結局出来上がったのはギリギリでしたがorz


とまぁそういうことで、今回のトラックバックテーマはさっちんさんの考えた

『あなたのおススメ動画』

『あなたが濃いと思う・思った記事』


という二つ。

今の所の流れを読むと

・おススメ動画の記事が多い

・自分が動画を投稿する

という二つの傾向が見えますね。

ちょっと個人的に残念なのが『おススメ記事紹介』の記事が少ないことですね。

結構色んな人の考察記事を読ませてもらってるつもりですが

今回のトラックバックテーマでShelの知らない掘り出し物記事が見つかるかも・・・

と、目論んでいたのですがちょっと計算が外れてしまいましたね・3・

しかし皆さんが紹介する動画、管理人さん自身が新しく作った動画のどちらもなかなか面白いので

当初の計算は外れてしまいましたが、それでも結果オーライです。


さて、Shelは今回『記事の紹介』をメインで行こうと思います。

おススメ動画もあったと言えばあったのですが

今回師走で忙しかったのもありダラダラとしていたために

他の管理人さんのおススメ動画とモロカブリしてしまいましたorz

自作動画の方もPCのスペックは実家の頃と比べ格段に良くなったので

やろうと思えばやれるのですが、ソフトの操作方法がまだあまり理解できず見送り;;

ですので今回トラックバックテーマの記事は『記事紹介路線』で行きます。

ということで今回は文字だらけになってしまいますがご了承ください;;


それでは本題に入ります。

「考察記事」と言えば

DK.net管理人様一同を始め

ちごさん・カティシアさん・玉子さん等々

様々な方DKの方々が各々の視点で面白い考察をなさっています。

かく言うShelも時々考察しては数多の失敗作を世に送り出しております;;

そんなたくさんある考察記事の中でもShelが特に濃いと思った記事は・・・





ジャミロクさんの

『HP狂プリと生ぬるぽ』の記事です。

「あれだけDKの名前を出しておいて結局は聖魔か?」だって?

はい、その通りですorz


このサイトは20万以上のアクセスを誇る大手の育成サイトの一つですので

ご存じの方も多いと思います。

Shelはこのサイトを聖魔を育成のため情報収集をしている際

(大体2007年の2月頃)に発見しました。

このときHPを見るまでに見つけた聖魔育成法は当たり前ですが

『INT極振り魔』か『LUK魔』の二つだったので

今でこそメジャーになった?

育成法の『HP狂』も発見当初はかなり異端な育成法だったと思います。

また、聖魔関連の考察記事に留まらず


・メイプルの市場についての考察

・メイプル装備・カード等のドロップ率の考察

・メイプルのシステムについての考察

・ネクソンの運営方針についての考察


等の職業の枠組みを超えて誰もが役に立つような考察もなさっています。

そしてどの考察記事も内容が面白く理路整然としているので

このサイトを見つけたその日に全ての記事を読んでしまいました。


と、このように簡単に『HP狂と生ぬるぽ』の紹介をさせていただきましたが

そろそろ結論・・・

「なぜこのサイトを紹介したのか?」その理由に行きたいと思います。


最近は全然考察記事を書いていないのですが

古くからShelの記事を読んでくださってる方はご存知のように

Shelの考察のコンセプトとして

『枠にとらわれない自由な発想をもって考察する』

というスタイルを採っています。

つまりShelの考察スタイルはジャミロクさんの考察記事と似通っているわけです。

しかしジャミロクさんの記事は、Shelの書いてきた記事と比べて

内容・表現・まとめ方・・・etc

どの面においてもShelの記事とは段違いに素晴らしいものになっています。

そのため初めてこのサイトの記事を読んだときに

「なんだHP狂って!?」

「ここまで理路整然とやるか!?」

「この人俺のやりたいことを完璧に仕上げとる!!」

等々、記事を読んでいたときには様々な感情が頭をよぎりました。

ですからこのHPの記事を読んだときに鳥肌が立ちました。

Shelは自分の中の『ホンモノ』を選ぶ基準として『鳥肌』というのを重視しています。

それまで素晴らしい記事、面白い記事はたくさん読んできましたが

『鳥肌』が立つほど感情的になった記事には出会ったことがありませんでした。

しかし、ジャミロクさんの記事はShelに鳥肌を立たせた。

Shelの最終目標の一つとして

『人に鳥肌を立たせるものを作る』という目標があります。

そこにはShelが心から望んでいた記事、そしてShelの最終目標の一つとなる記事がありました。

ジャミロクさんの考察記事は

皆さんにとっては『単なる聖魔の考察記事』かもしれませんが

Shelにとっては『自分の求めるホンモノの記事』に当たります。


『内容の濃い』というさっちんさんのトラックバックテーマとは少し離れてるかもしれませんが

今まで読んできた記事の中では自分が思う最高の記事がジャミロクさんの記事だったので

トラックバックテーマという素晴らしい機会を借りて紹介させてもらいました。


今回は簡単に紹介しただけだったので

是非、皆さんも一度ジャミロクさんの考察記事をしっかり読んでみてはいかがでしょうか?

個人的には『【下巻】 祝!LV160&HP4k&サイト1周年! ~雑談短編集~ 』に記載されている

『ワイルドカードネタ』が面白かったです。

Shelは氷結狩りに憧れていたのでアイスチャージを選んだのですが見事に叩かれました。

その理由は実際の記事を読んで確かめてみてください♪


最後にリンクを貼っておきます。

HP狂プリと生ぬるぽトップページへ


最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

利用者が増えればスキル振りや狩場といった
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 桜吹雪と散る粉雪, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。