上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

前回の記事で名無しの方から貴重なコメントを頂いたので

後篇に行く前にそちらについてコメント返信を兼ねての合宿前の最後の記事を書こうと思います。


名無しさんの言うように所詮はゲームの話であって

そこで経済活動がうんぬんかんぬん・・・

と言った話をした所で実生活には何の影響が出るわけでもないので

あまり『経済』なんて関係が無いように思えるかもしれません。

ただ、Shelの場合今回の活動は『学部の授業の予習』というものも兼ねていたために

本来ならば無駄かもしれないような勉強をして、

無駄かもしれないような『スペクラトゥール』の記事も書きました。

確かに、『高いものを安くで仕入れて高く売る』というのは商売の基本です。

Shelは基本的にある程度の『転売』というのは許容の範囲なので、

人がやる分には「どうぞご自由に」と考えています。

そして正直な話Shelが本気出して転売を試みればおそらく4~5倍に増やせる自信があります。

しかし、もうすぐ切手は廃止されてしまいますし、代替品として考えられる

みなぎりドリンクも正直何千回もクリックして数G分も集めようという気にはShelはなれませんorz

ですから、Shelが持てるメルのキャパはおよそ4.3G+アルファなので

そんな5Gや10Gといったメルを稼いだ所で持つことができません。

そのため、これまで挙げていった活動がShelにとっては


『身の丈に合った』経済活動なんですよね。


また、Shelは装備やスキルにも『思い入れ』を入れたいと考える人間です。

ですので、1週間そこらの転売で稼いだメルで買うよりも

数週間、数ヶ月という長い期間でも、自力で地道に貯めていったメルで買った方が

装備やスキルに対する思い入れは格が違ってきますし

Shelがメイプルをやる上でのモチベーションの維持、向上にも繋がってくると思います。


まぁ、簡単に言えばShelからすれば転売で大金稼いだ所で


何も面白くない


ということですb

そういった考えがあるためにShelは基本的に

『金儲け』という意味で装備や書の転売をしない方向で頑張っているわけです。


別に皆さんがやる分には全く止めるようなことはしません。

それが面白いと考えていらっしゃるのなら、全然やってかまわないと思います。

結局の所『楽しんだ者勝ち』なんですよ

こんな拙い説明で納得してもらるかどうかは微妙ですが

今回の記事はこれで終わりにさせてもらおうと思いますorz
スポンサーサイト

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

DK.netにメル稼ぎの記事を2つ記載してきましたが

面白いようにコメントが少ないですね;;

考察系の記事は結構な方がコメントをしてくれたりするんですが

経済活動の記事は何故か毎回コメントが少ないな、と以前から思ってました。

ちょっとそれについて、無駄に考えてみると・・・

結局原因は『専門外』って所にあるんじゃないかと考えてみました。

考察系の記事は読者も同じDKとして、色々と事情が分かっている点が多いので

その辺の経験や知識からそれぞれの的を得た見解を持つことが出来るんでしょうが

経済活動については、ほとんど経験や知識がない方が多いためか

何をコメントしたら良いかわからない」と考える人が多いのではないでしょうか?

また思うことがあってコメントをしても、「的外れの可能性が怖い」という心理が働くのかなと考えました。


人間として一つ成長したいのなら

その恐怖は取り除く努力をした方が良い

というのがShelの考えです。

ことわざで言えば『聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥』といった所ですね。

別に的外れでも良いじゃないですか♪

少なくともここでは、皆さんの多種多様な考えをきちんと受け入れた上で

訂正する所は訂正して返信しようと努力はしています。

大事なのはあくまで『積極性と好奇心を持つこと』です。

その二つをしっかりと持てるようになれば生涯の大きな武器になるとShelは考えてます。


と、くだらない考察はこの辺りに今回も前回同様に普通の日記を挟みますね

最近のShelはと言うと・・・

素早さ兜60%を狙うギャンブラーと化していますorz

「おい、前の記事のようにコツコツ貯めろよ!!」

という意見をお持ちの方ばかりだと思いますが、少し言い訳させて下さい;;


前回の「金のなる木」戦略には

・長時間同じ場所に店を構える


というのが条件の一つになってました。

しかし現状のShelからすれば・・・

店を出しても3日と続かない状況なんですorz


オフラインの事情で家に帰る時間がバラバラ
   ↓
となるとご飯を食べる時間、PCを開く時間もバラバラ
   ↓
店が時間切れにことがしばしばorz

という悪循環に陥っています;;


そのために

今は確実な儲けがエリクサーしかないMクロノス

チャリクエ品はあくまで短期決戦として扱うイエッぺ


この2ヶ所が主な狩場になってます。

そうやって不安定な店事情ながらも

Maple0036_20080821224637.jpg

Maple0034.jpg


素早さ兜を2枚ドロップb

結果を出してるからまぁ現状は問題ありません。

そんなこんながありながら

Maple0037.jpg


メルが倉庫の限界値へと到達

まさか、この額を自分が持つ日が来るとは思いませんでした;;

これだけメルが貯まったのでそろそろ装備を新調しようと思ったんですが・・・

120↑パルチは現在供給が皆無orz

それどころか120↑槍で募集しても供給は皆無orz

じゃあバーサーク30だ!!
  

と意気っても・・・

こいつも供給が皆無orz


ですので・・・

Maple0038.jpg


ジャクム兜(隆盛)を1.5Gで

Maple0042.jpg


素早さ(移動)強化がしてあるゼネラルパンツを600m+αで

購入してしまいました;;


まぁ、念願の装備だったから良いんですけどね・3・

ジャクムを買ったらまず何をするかは実は前々から考えていました。

それは・・・

Maple0040.jpg

Maple0041.jpg

命中兜100%ベタ張り


素早さ兜でも良かったんですがShelは今DEXが欲しいわけでは無いので完全無視

お正月のクエストで1枚2mとかで売っていた時代に実は7枚ちゃっかり貯めていました。

そういうわけで命中装備で素の命中率が170まで行きました。

命中丸薬を使うだけで命中が180行くのでこれでブレス無しでも

ジャクムの雑魚処理ができる状況になりましたね。

ちなみにこの装備ですと

ホンテ必中がLV155となりましたから

少しだけ現実的になってきたかな・・・と思いますね。


というか

ジャクムに一回もまともに参加したことがないのに兜を・・・

しかも隆盛を持ってるShelって一体・・・

という疑問もありますが、今はまぁ無視します。


後120↑のパルチに関してはもう腹括って作ることにしました。


標準なら30%書3枚と60%3枚貼り付けられればそれでクリア

98品なら30%3枚と60%書2枚と100%1枚でクリア


なかなかハードル高いですねぇ;;

まぁ、この供給の状況ですから諦めて作ります;;

そしてバサク30の資金は片手間でぼちぼちと貯めて行こうと思います。

目標額3Gといった所でしょうか?

まぁ、素早さ兜を狙いつつ地道に稼いでいきますb


PS ちょっと大学の合宿やライブが重なったりとで一週間近く更新は滞りますが

ご了承くださいm(_ _;)m

そいつから帰ってきたら次回はShel流メルの稼ぎ方(後編)で行こうと思います。


最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?


続きは久しぶりのおまけの一枚... Read more

前編を読んでない人はそちらから読むことを推奨します。

URLはこちら


こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

今回は前回言ったようにメルの稼ぎ方の続きを書こうと思います。


今回も本編に入る前に皆さんに一つお勉強してもらいますね^ー^ニヤリ

そんな文句言わないで下さいよ;;

今回勉強する内容も稼ぐ上では必要不可欠な内容なんですから^^;


さて、今回勉強する内容は

PPMについてです。


PPMとはプロダクトポートフォリオマネジメントという長ったらしい名前の略称で

多種類の製品を生産・販売したり複数の事業を行ったりしている企業が、

戦略的観点から経営資源の配分が最も

・効率的

・効果的となる製品

・事業相互の組み合わせ(こいつがポートフォリオ)


を決定するための経営分析・管理手法です。


はい、ちょっとこういう説明では何が何だかさっぱりですね;;

でも大丈夫です。

実はこの戦略手法図式化して説明すると大分わかりやすくなります。


では、そのモデルを見ながら説明していきます。

pp_management.gif


御覧のようにPPMのモデルでは4つのセルがありますね。

まずはそれぞれの特徴について軽く説明します。


金のなる木

→大きな追加投資をすることなく安定した利益を生み出す事業

(Shel的には)メイプルだと召喚石や軍手等です。


花形

→市場の成長に合わせた投資を続けていくことが必要な事業

メイプルだと強化品や高額書だと考えています。

Shelにとっては1Gを貯める上での主力だった商品(短期決戦品)もこれにあてはまりますね。


問題児

→「問題児」は市場の成長に対して投資が不足している事業であり
積極的な追加投資か、撤退が必要な事業

こいつが未強化の装備といったところですね


負け犬

→「負け犬」は将来性が低く基本的に撤退すべき事業

主に「店売り」対象商品はこれが多いと考えてます。


という風に位置付けられています。

あくまでShelが「メイプルにおいてはこの辺かな」

って位置付けなのでそこまで気にしないでください;;

また、このPPMを利用した本物の経営活動の原則などもあるんですが

それに関しては長くなるために割愛です。

しかも、今回Shelが説明に使うのは金のなる木についてのみですね;;

まぁ、物足りない説明ですがそこは御愛嬌で^^;


まずは、軽い復習を兼ねてプロローグです。


前編では

・時代の流れを読むこと

・短期決戦を考慮して商品を出す


という二つの点を意識して短期間で莫大な儲けを出そう、と言うのが記事の大まかな内容でした。

しかし、Shelが前編で挙げたやり方にも当然のごとく欠点が存在します。

その欠点は何なのか、またどの用にしてその欠点を補うのか?

その2つの点をPPMと関連させて話を展開させて行こうと思います。

また、綾瀬さんがコメントに書いてくれた『時代の流れに逆らう活動』というのも今回書かせてもらいます。


・前編での戦略の欠点とは?

前編の戦略は確かに短期的で莫大な利益を上げることができます。

しかし、この戦略には実は・・・


品切れ

という致命的な欠点が出てきます。


簡単に一例を挙げると

fosterくん(LV50)はfordくん(LV146)のブログを見て

チャリクエ品(2000個)を相場2kのところを1.8kにして店に出しました。

fordくんが書いた記事のようにその商品は瞬く間に完売してfosterくんは上機嫌♪

しかし・・・

fosterくんは次に出す商品がないことに気付きます。

じゃあ、もういいやと思いfosterくんは店を閉じてしまいました・・・とさ。


くだらない小話ですいませんorz


これも極端な例ではありますが、

つまり商品の売れ行きが早いあまりに次の商品がない(生産が追いつかない)

という状況に陥ったパターンです。

これは別にfordの状態でも非常によくあります。

商品を出して売れてたら回収するだけで

次に出す商品もなくそのまま放置する・・・なんてことがありませんか?


Shelからすればこれは非常にもったいないです!!

この状況だと商品がたくさんある時には高い売上を出せますが

商品がなくなってしまうと一気に売上が落ちてしまいます。

つまり、収入に波が出来てしまうんです。

ですから、次はもう一段階商売上手になるための戦略を教えします。


まず、ここで使うのが「金のなる木」に当てはまる商品です。

Shelの考える「金のなる木」とは・・・

綾瀬さんの言う

『市場がどのような状態でも需要がなくならない(安定している)モノ』

これに当てはまります。

細かくリストアップすれば


・軍手

・召喚の石や魔法の石

・万能薬

・クリスタルや鉱石、宝石といった類

・魔法石書、エオス石書、閉鉱書等の高額移動書

・次元の欠片

・チャリクエ品

・MBやSB

Etc・・・・

と、リストアップすればキリがないですね;;


まず『金のなる木』の大きな特徴としては

・安定した需要

・安定した収入

この二つが挙げられます。

ミソとしては『安定した』って所ですね。

こういった商品は前回の「時代の流れを読んで、一気に売りさばいて・・・」

というような商品とは真逆な位置に当たります。


安定した需要があるからこそいつ店に出しても安定した収入を得ることができます。

そして実際の経営ではこういった商品が最終的に収入の核になります。

メイプルでもしっかりと露店を出している人にとっては例外ではありません。


しかし、『金のなる木』を扱ってしっかりした儲けを出すには実は簡単なことじゃありません。

『金のなる木』を扱う際に最も重要なことは

・長時間、同じ場所に店を出す

・品物を切らさない

この二つが大きなポイントとなります。


なぜかと言うと

『金のなる木』で利益を上げるために、まず前提条件を満たす必要があります。

その条件とは・・・

リピーター(常連客)の存在です。

Shelの場合を例とすると、閉鉱帰還書や次元の欠片を買う場合は

迷わず2chのフリマ1に出向いて買いに行きます。

なぜなら・・・

そこに行けばまず間違いなく買うことができるからです


おそらくその店のリピーターの大半は

「そこに行けば必ず買える」

というイメージが脳に焼き付いていると思います。

このイメージが付くと多少値段が高くてもその店で売っている商品を買ってしまいます。

理由としては・・・

探す時間が惜しいから

ですから、自分の店のリピーターを作りたい場合は

必ずこのイメージをお客に焼き付かせなければいけません


しかし、このリピーターを作るには長い時間が必要になります。

まずは、お客さんの脳内に自分の店のイメージを構築させます。

この作業自体は一週間も同じ場所で同じ商品を出し続ければ自然と出来上がっていくでしょう。

ただ、

イメージが焼きつく≠リピーターになる

というわけではありません。

あくまでイメージが焼きついてるだけなので、

まだ「リピーターになる可能性がある」という状態です。

イメージが焼きついた人をリピーターにさせるために必要なこととしては

やはり売れなくてもずっと同じように商品を出すことです


そしてここで、

この日記の読者の方だけにこっそりと一発で

お客さんをリピーターに変える確率を跳ね上げる極意を教えしましょう。


その極意とは・・・



その極意とは・・・



その極意とは・・・ (引っ張ってます♪)



自分の店の『金のなる木』を買ってくれたお客さんに

内緒で良いので

「○○を買って頂きホンマに(ここは適当でOKb)

ありがとうございます(これが大事♪)」


この言葉を言うだけで良いのです♪

とにかく大事なのは誠意を込めて

『ありがとうございます』と言うこと



メイプルは全てエルフやコンビニ任せ(許可証でも常に見る人は少ない)

そんな店とお客の関係が希薄なメイプルでは

勝手に商品を買って、店主は「あぁ売れた」で済むのが普通です。

そんな関係が当たり前のメイプルで

「ありがとうございます♪」なんて感謝されれば

お客さんからすると衝撃です。

普通「ありがとうございます」なんて言われないですからね。

人にもよりますが

その衝撃を理由にリピーターに変わる確率は一気に上がります。

ちょっといやらしい手法かもしれないですが

『人とは違うことをする』というのは商売において大事なことです。


しかし、オフラインを思い出してください。

魚屋さん、八百屋さんはもちろんのこと

コンビニやスーパーでも商品を買えば

「ありがとうございます」

と、当たり前の様に感謝されますね?

商売において『感謝』は基本中の基本です。

ですから、『経営戦略』という観点だけではなく

ホントに『感謝の気持ち』を持ってお客さんに接してほしい思います。

そして、その誠意は伝わる人にはきちんと伝わります。

ですから出来ることなら

『ここに行けば絶対○○が買えるから』

という理由だけでなく、それに加えて

『この人の店だから○○を買う』

という理由で買ってくれる人情あふれた素敵なリピーターを作れる露店にしてほしいと思いますね。

Shelはそれが商売の醍醐味だと思います。


と、この辺りで話を戻します。

イメージが焼きついたお客さんをリピーターにするためには

本来長い時間を必要とします。

そして、「金のなる木」で安定した収入を出そうとすれば

多くのリピーターの方が必要になりますから、更に長い時間が必要となります。

つまりこの場合は長期決戦、大器晩成とも言えますね。

そして多少高い値段でもリピーターの方は商品を買ってくれます。

ですからさっきも書きましたがこの経営戦略は前編の

『コストリーダーシップ』や『短期決戦』といった戦略とは

真逆の戦略になります。

そして、『時代の流れ』に乗って需要が増減するわけではないので

綾瀬さんの言う

『時代の流れに逆らう戦略』とも捉えることができますね。

Shel的にはこっちの『金のなる木』を利用した戦略の方が

商売の醍醐味が含まれていて好きですね♪

(1Gを貯めるときは時間の関係上あまりできませんでしたがorz)

ということで長期間同じ場所で店を構えることができる人は

是非自分だけの『金のなる木』を見つけて商売をしてみてはいかがでしょうか?


最後に更に『金のなる木』の商売戦略について学びたい方は

ジャミロクさんのHPにある


【上巻】マーケットスキル習得書 ~スペクラトゥール(思索家)~

【下巻】マーケットスキル習得書 ~スペクラトゥール(思索家)~


をご覧になることをお勧めします。

Shelが記載した『リピーターについての話』だけではなく

ここで言う『金のなる木』に当てはまる商品の見つけ方、扱い方などなどのヒント

こことは違って細かく丁寧に書いてくれています。

『金のなる木』で商売をしてみたい方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに経営活動ネタがスペクラトゥールとなってるのはここから頂きました。

では第二回(中編)のまとめに入ります。

・『金のなる木』は準備に長期間を要するが安定した収入が得られる

・長期間、同じ場所で店出し続ける

・『金のなる木』においての主力商品を切らさず出し続けること


このような感じでしょうか?

さて今回は結局『金のなる木』を利用した戦略だけになり

個別の商品や狩場の紹介ができませんでした;;

次回の後編では、『前編と中編の戦略をいかに組み合わせるか』を主体にするので

商品の個々の取り扱い方はきっと4回目をやるしかないですね;;

と最後に愚痴はみっともないので最後はさっぱりと。

ということで後編では『前編と中編の戦略をいかに組み合わせるか』をテーマにして記事を作ろうと思います。


最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

今回はメルの稼ぎ方の記事を書いてる途中なので

中休みにひとつ普通の日記を入れます。


最近のfordはと言うともっぱら

Maple0020.jpg


イエぺぺへ行くことが多くなってますね。

チャリクエの貯まり方が尋常じゃなく

大型のドロップがあるので、狩ってて楽しいですね♪


それにしても、イエぺぺが落とすこの盾はなんなんでしょうね?

Maple0021_20080811012649.jpg


Shelは勝手にメイプル七不思議の一つとしてますが

ハズレくじ・・・にしてはちょっと性質が悪いですね^^;

ある意味、レアドロップなのかもしれませんが(ぁ


と話を戻して、そうやって黒字狩りばかりしていると・・・


たまぁに

赤字狩りをしたい衝動に駆られます;;

Shelだって聖人君子ではないのでたまに溜まったものを出したくなるときがありますね^^;

そういうことで今回行ってきたのは

Maple0007_20080811022019.jpg


姫ですね。

幸いあいてる場所を発見できたので3時間近く狩らせていただきました。

相変わらずの高率で3時間で40mは稼がせてもらいました♪

途中で天狗が湧いたので今回はここで撤退。


次の狩場に選んだのはサメです。

ここもテクニカルな狩場で、メル収入も悪くなく、経験値も良いと3拍子見事に揃ってるので

楽しく飽きずに長時間狩ることができます♪

サメを狩ること数時間?

何か杖っぽいの拾ったなぁ?

と思い中を見てみると・・・
















Maple0008_20080811014008.jpg


白虎て;;

ドロップ率はMB並みに低いらしく、相当珍しいドロップなんですが・・・

いかんせんLUKが165も必要なため、装備する人がほとんどいないらしいです;;

これがアイスロッドならよかったんですけどねぇ・3・

まぁ、珍しいもんが見れたので良しとします♪

と、更に狩りを続けていると













Maple0009_20080811014337.jpg


今度はMB

ラピッドファイア30ドロップ

こいつに関しては、ギルクエとサメだけなのでまだMBもほとんど存在していないと踏んでおり

もしかすると規格外の値段になるんでは・・・

と考えたのですが、ソウルアローやスピリットダークみたいな

弾丸を消費しない技を持たない銃使いにとってこの技はどれくらいの価値があるのか・・・

と考えると、ホントに情報が全くないんですよね^^;

まぁ、とりあえずは店で希望を取ってみようかと思います。


とそんなこんなで2つのビッグドロップ囲まれつつ

Maple0017.jpg


LV146へとLVUP♪

これによってスタンスがLV5になったので

久しぶりにMBを使うときがやってきましたね。

Maple0019_20080811022218.jpg


Shelの場合は一回勝負の確率におけるジンクスというジンクスは正直ないですね。

成功する時は成功する。

失敗する時は失敗する。

どちらにしても結局運命じみたもんであがくだけ無駄だろ、というのがShelの考えです。


ですから、バーサーク20のときもそうでしたが

特に告知もせずに、覚悟が出来たら「ポチっとな」てのが一番性にあってますね。

そして、結果は・・・



最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?

... Read more

こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

今回は早くも口約を破って考察記事みたいなのをかかせてもらいます;;

だってですよ・・・

DK.netのトラックバックのテーマが

「メルの稼ぎ方」ですよ・・・

ついこの前1Gを達成したShelに記事を書けと言っているようなもんでsh(ry

まぁ冗談は置いといて今回のテーマがタイムリーなのは間違いがないので

ここでShelが如何にして転売、P取引、強化を利用せずに稼いだかを紹介して行こうと思います。

今回は結構本気で行ってみようと思いますb

そのためにおそらく2,3回に分けて紹介することになりそうです;;

長くなりますがお付き合いくださいorz


まずここでいきなりShelがどのようにして稼いだか・・・

というのを書いてしまうわけではなく、少し皆さんに面倒ですがお勉強してもらいます♪

まぁ、その理由は後に説明しますb


まず今回1Gを貯める上でShelが最初にやったことは

本格的な経営学の勉強でした。

1Gを貯めるとなると、単純なレアドロップ狙いだけでは達成できないと踏んでいたので

(今は素早さ兜60%を2枚拾えば軽く突破できますがorz)

ちょっと本気でふんどしを締めてかかってみました。


どっちにしても今Shelの行ってる学部が経営学と情報学関係なのでやって損はないか・・・

と思い予習も兼ねての勉強でしたね。

まぁ、本格的と言ってもネットでちょっとその手の記事を読んだだけですが

それでも、露店を出して商品を売買させる上で絶大な効果を発揮したのは言うまでもありません。


とそういうことなので、まずは皆さんが今後メルを稼ぐ上で有効な経営学の基礎の基礎を少し説明します。

今回、軽く説明するのは


マイケル・ポーターの経営戦略


これを見て何を説明するかわかった方はここの説明は飛ばしてもらっても構いませんb

では、Shelと一緒に軽く経営学の基礎知識に触れてみましょう♪


マイケル・ポーターの経営戦略


マイケル・ポーターの提唱した経営戦略として

 1. コストリーダーシップ
 
 2. 差別化戦略

 3. 集中戦略

と大きく分けて3つに分類することができます。

それぞれが一体どういう戦略なのかをメイプルの市場状況を踏まえて説明してますね。


①コストリーダーシップとは?


コストリーダーシップというのは

商品を生産するコスト(作る際にかかる費用)を少なくすることで

その商品を売り出す際にその値段を引き下げ、大量に売ることを目的にしています。


メイプルではアイテムは基本ドロップなので(生産もありますが

あまりコストというのは意識する必要はないと思います。

まぁ、簡単に言うと

大量生産して、値段を安くし大量に販売する戦略です

簡単な例を挙げるとチャリクエ品や召喚の石、マナエリのような

基本的に大量に売ることで儲けを出すことができるアイテムですね。


とりあえずは今は簡単な説明なので次の戦略に行きます。

②差別化戦略とは?


コストリーダーシップとはほぼ対を成す戦略で

ある程度高いコストを掛けても良い商品を作り市場に出すことで

高い値段でもその商品を売ろうとするのが目的の戦略です。

実際はどういう感じで対を成すのか説明するべきですが

メイプルではあまり意識する必要はないと思います

まぁ、簡単に言うと

良い商品を作って高値で売る戦略ですね

メイプルではおそらく強化品がこの部類に入るんではないかと考えています。

ですので今回の1Gへの道ではほぼ不要な戦略からあまり気にしなくても結構ですね。


どっちにしても、鬼強化とかいったほぼ出回らない商品にはもともと相場なんて存在しないんですけどね;;


まぁ、それは置いておいて3つ目の戦略へ


③集中戦略

集中戦略とは特定の年齢や場所などを限定して

そこだけで大きな利益を出すことを目的とした戦略です。

これに関してはそのままなのでメイプル内での説明に行きます。

メイプルの中ではMBやSB、手裏剣や弾丸、装備など

特定の職業をターゲットにするアイテム
がこれに当たりますね。



さて、これらの事柄を参考にしながらここからメイプルでの話に入ります。

一つ一つの話がどの戦略に関係しているかもちょっと考えながら読んでくださいね♪


経済活動でShelが常に頭に置いているのは


・時代の流れを読むこと

・店売りを極力避けること

・常に短期決戦


Shelはこの3つを常に意識して活動していました。


まず、時代の流れを読むのは非常に重要になってきます。

メイプルの市場はパッチ一つで大きく相場が変動することが良くあります。

例えば自分の場合だと海賊実装によるチャリクエの高騰や

メイプル手裏剣がチャリクエで手に入ることによる火ブルネックレスの高騰などですね。


意識してなかった人はちょっと露店を回ってみたりして、いろいろと考えてみてください。

時間をかければなにかしらの特徴が見えてくると思います。

まずは、それが出来るようになれば第一段階に到達です。

第二段階・・・つまりShelの場合については後で。


では次になぜ店売りを出来るだけ避けるのか?

Shelの場合は装備に関しては結構店売りしていましたが

ETC品についてはクエストで使わない品である限りは

ほぼ売らず置いていたり露店に出したりしていました。


それはなぜかと言うと

生産に使えるから

例えば、イエぺぺが実家と言い張るShelの場合

チャリクエを貯めていると動物の皮や鉱石、宝石も並行して貯まっていきます。

動物の皮は15個で軍手一つに、鉱石や宝石は装備の生産に使うことができます。

軍手は1つ80kで売っていたので動物の皮を15売るよりも大きな利益を出せます。

基本的にShelは軍手の生産ばかりでしたが

海賊実装に伴って貯まっていた青銅や鋼鉄は一気に銃や拳に使いました。

ここでも、時代の流れを読むことに繋がってきますが

海賊の装備がまだ全然出ていない今の時期

LV50代ぐらいの装備だと標準で普通に1個数m単位で取引することができます。

しかも最初は重要超過なのでこれがまた売れる、売れる。


話は少し脱線しますが

他に海賊関係で行けばまず最初にShelが考えていたのは

店で一番LVの高い装備を100%ベタ張りした商品を高値で売る戦略でしたね。

ちなみにそういった商品が2mとか3mといった単位で普通に売れてました。(他の店で)


さて、それはなぜか・・・

『どこで100%書を買えるか』という情報が全くないからだとShelは考えています。

他にも書を買う時間がもったいないとかってのはあるかも・・・ですがこれが一番強いでしょうね。


では、どういった人がそういう商品を買っていくのか?

基本的には面倒臭がりの人が買って行くと思います。

どういうことかと言うと


書の情報がないからどこで買えるかわからない
   ↓
書の売ってる場所を歩き回らないといけない
   ↓
 時間の無駄
   ↓
露店で買っちまえ


という感じでしょうか?

ものすごく極端な表現ですが間違いではないと思います。

しかし、この戦略は時間が経って100%書の情報が出れば段々と効果は薄れていくでしょう。

なぜなら、情報が出回ればそんな高値で買うことが馬鹿馬鹿しくなるからに決まってます。

そうなってくると、当然安い手段でベタ張り装備を手に入れるに決まってます。


ここで皆さん、気が付いていますか?



この一連の流れだって時代の流れですよ。

ただ商品の相場やその特徴を調べるだけでなく、

先・・・つまり未来を読むことや人の心情の流れを読むことができるようになれば

店を出す人間として第二段階、Shelと同じぐらいのLVまで到達できます。

これが出来るようになると、格段に稼ぎが良くなります。

しかし、これは結構経験が必要になってきます。

正直Shelも最初は結構見当違いな活動してましたし、

今でも結構見当違いなことをしてたりします^^;


でも天下のイチローだって4割打てたらすごいんですよ

ですから、最初は成功率1割での成功を目指してその確率を上げていけるようになれば十分ですよ♪


さて、話を元に戻して先を読めるようになれば

鉱石や宝石、その他のETC品といった普通だと店売りしてしまうようなアイテムでも

後に有効利用できるようになる可能性が出てきます。

なので皆さん、まずはETC品を店売りする前に

ちょっと有効利用できないか考えてみませんか?

案外、思いついたことで稼げるかもしれないですよ♪


では、最後に短期決戦についてです。

短期決戦に関しては簡単ですよ。

常に早く売る

この一言に尽きますね^^;

つまり基本的にはコストリーダーシップの考え方で店に出していた、ということです。


例えばチャリクエ品。

相場が一個2kだとします。

Shelの場合は相場道理に出すのではなく、

1個1.8kと相場より少し低めの値段で商品にします。

ではなぜ、そういう風にするのか?


その一番大きな理由は

フクロウがあるから

Shelはチャリクエ品でフクロウを使う人の希望に店としては

①安い

②大量にある


という二つが大きな核になっていると考えています。

まず、②に関してはDKという職業柄大量に生産することは容易です。

ですので①の部分を満たしてしまえば、

運が良ければものの数分で完売して次の商品を出すことも可能ですよ♪


他にもマナエリやクエスト品のETCは基本的に短期で大量に売れる様値段を調整します。

そうやって確実ながら利益を上げていきました。


ここで第一回のまとめとして

・未来の状況や人の心情を読むこと

・常に短期決戦を意識しての他より安い値段付けをすること


まずは、この二つを少し意識してみませんか?

案外あなただけの稼ぎ方というのが見えてくるかもしれないですよ♪


次回は、今回話に出さなかった他のShelが利用した商品

また、Shel流の狩場の選び方、

値段以外の露店での出し方などについて話そうと思います。


最後は少し宣伝です。

DK.net

DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?



こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

今日はこの日記ではほとんど情報を出してないfosterの話です。

現在のLVは49です。

LV45以降ここに至るまでに、fosterでは基本的にルディクエを中心に育成していました。

目的としては、モメガのカードの取得だったんですが

なかなかドロップが無いので(実は一回目に出てきましたが取れませんでしたorz

最近はちょっとあきらめムードで普通に狩りをすることが増えてきています;;


fosterで回った狩場としては

Maple0005.jpg


Mクロノスと・・・

Maple0012.jpg


ルモが基本的な狩場になってますね。

現在は命中が105あるため、Jrイエティでも必中なので

しばらくはここでチャリクエ品を貯めながらの育成になりそうです。

Maple0014.jpg


ちなみにfosterではDEXは50に設定して育成することにしました。

LVが上がってきたらJrイエティだけでなく

お茶の海賊を始めた方々のために弾丸やインファイターの装備を落とすモンスターを

狩って行こうかな、とも考えています。

と、まぁ着々ですがfordだけでなくfosterも成長しています♪


基本的にShelは期間という目標をあまり作るタイプではないので

まぁ、ノンビリと三次転職目指して頑張ろうと思いますb


最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?


こんにちわ♪Shelingfordです^▽^ノシ

8月に入り大学の方もやっと本格的に夏休みに入りました♪

さて、最近の忙しさの問題も重なって全く更新しなかったために、
とある読者(お友達のSさん)の方にちょっと説教をされてしまいました;;

その人には結構早い段階から録をさせてもらっており、

普段からいろいろとお世話になってるので素直に説教を受けました^^;

その説教の要点というのは・・・

①更新頻度が少ない
②普段何をしているのかわからない
③日記の量が少なすぎる

というものでした。

今回特にSさんに強調されたのは②と③の部分。

Sさんに指摘をされて前の日記と共に記事を確認したんですが・・・

考察が8割近くで普通の日記は後の2割程度でした;;

Sさん曰く、

こんなの日記と呼べるか!!とのことorz

全くその通りです orzスイマセン OTLコノトオリデス

またその兼ね合いで

『Shelが普段どんな事をしているのかわからない』

というご指摘も受けました;;

そういうことで、「もっと普通の日記を書け」という結論に至りました。

そんなわけで、前回予告していた「血スノの話」は一度お蔵入りとさせてもらうことにしました;;

とりあえず目標としては

・週2から週3で更新
・日常のメイプルでの活動を出来るだけ載せる
・Shelらしさを忘れずに

しばらくはこの3本柱で頑張ってみようと思います。


そんなわけで少しだけですが、Shelの最近の状況を・・・


実は前回素早さ兜60%を拾ったおかげで

Maple0006.jpg

998mまで貯まっていました;;

そこの報告が無くて申し訳ないですorz

ということで、後2mを軽く貯めるか・・・

ということでShelの鉱山ことMクロノスへ出陣。

最近はカティシアさんの影響を受けてドラゴンロアを使うことが増えました。

黒豆ヒールのおかげでペース配分をすればロア狩りでも黒字を叩き出せます♪

とそんなこんなで数十分後に土シュリをドロップ(画像はとり忘れですorz)

露天での儲けが1.2mあったのでこの土シュリを売れば余裕で1Gは突破できる状況になりました♪


最後はというと・・・

Maple0007_20080806021823.jpg


辻売りでエリクサー50個をおまけして800kで買ってもらいました。

ということで・・・

Maple0008_20080806021722.jpg


1G突破ならずorz

そうです・・・

取引にかかる利息をすっかり忘れていましたorz

ということで・・・

Maple0009_20080806021934.jpg

最後は店売りで1G突破という腑に落ちない終わり方で1Gの道は幕を閉じました;;

終わり方は相変わらずぐだぐだでしたが

最後は友達の方々にも祝っていただいたので

『終わりよければよし』といことにしました♪


しかし!!

1G貯めたからといって今の市場では欲しい装備は全く手が出ない状況orz

ですから今しばらくはメルを貯める日々は続きそうです;;


次回からは少しずつ自分が行ってる狩場とともにShelの活動や日常を記事にして行こうと思います。


最後は少し宣伝です。

DK.net


DKのリンク&コミュニティサイトとして
DK.netというサイトがあります。

これからリンクが増えれば
DKに関する情報を容易に得られる様になるので
興味がある方は足を運んでみてはどうでしょうか?


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 桜吹雪と散る粉雪, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。